RSS

筑紫野凧・勝敗の行方

アニメ版のドラゴンボールの前回のあらすじを亀仙人?的なナレーションで言ってる部分を思い出しながら聞いて下さい。

 

チャーララッ チャチャチャーララッ チャチャチャーララー

デジスパ企画により約25年ぶりに凧上げをすることになった境。

しかしデジスパは、デジスパスタッフが住んでいる各市町村に関連した凧を、ゼロから手作りで作るようにと命じたのであった。

境は果たしてこの逆境に耐えて、筑紫野市の凧で他のデジスパスタッフを倒すことができるのか・・・!!

 

「筑紫野市のみんな、オラに元気をわけてくれ!地球最後の大決戦!」

 

 

はい。

デジスパ企画「アノコロノボクヘ」夢と浪漫の AGEAGEバトル

 

 

ということで、恐れ多くも筑紫野市の指定ごみ袋を利用して凧を作りました。

そして、アッウェイの地久留米で他の市町村関連の凧をぶっちぎってやろうという根拠のない自信をもって久留米の筑後川河川敷に乗り込みました。

 

悟空ばりに遅れて登場することになった僕が現地に着くと、既にデジスパスタッフは凧上げの真っ最中でした。

 

「ふっ、まあまあだな。でも自分の凧の方が上だぜ。」

 

と思いながら各スタッフにちょいちょい探りをいれました。

 

「タコ糸何センチですか?」

 

「90cmです。」

 

「100cmです。」

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

お、おらの凧糸・・・

 

35cm・・・

 

か、勝てない・・・

は、はじめからこの戦い、か、勝てる戦いじゃなかったんだ・・・

お、おれは忘れていた・・・

宇宙最強のフリーザの恐ろしさを・・・

 

さあ、ここからは画像中心に見ていってください。

すべての結果がわかります。

 

画像にそれらしきタイトルをつけていきます。

①凧 on the tree

 

②凧 on the tree second season

 

③夢を信じて

 

④何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。(by ウォルト・ディズニー)

 

⑤夢を見ることができるなら、それは実現できるんだ。

 

いつだって忘れないでほしい。

 

何もかも全て一匹のねずみから始まったということを。(by ウォルト・ディズニー)

 

筑紫野市の皆様。

せっかく元気を分けてもらったのに、勝利することはできませんでした。

でも、必ず僕はリベンジします!

筑紫野市民の誇りを胸に必ずリベンジします!

 

最後に、そんな僕にお似合いの、ウォルト・ディズニーの言葉を載せさせていただきたいと思います。

 

 

「何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。」

 

この記事をかいたひと

『金曜日の赤い金星』。 主に筑紫野、小郡エリアに金星のごとく出没する。 くだらないとかアホやろ?って言われることに喜びを感じている。    CSWORKS代表 http://csworks.jp/

関連記事とつぶやき

関連する記事はありません。

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。