RSS

新学期に靴を買うのはちょっと待て!!

お久しぶりです。こんにちは。
郷土を愛し、貧乏を楽しむ(?)貧乏主婦桜井ですが、いつも用事もないのにいそいそお買い物にお出かけです。

今回は昨年秋に知人に教わり、行ってきたった靴の靴のバーゲンに潜入レポートをお送りしまっす。

その靴の名も「ASAHIシューズ」!!
この名を聞いたことがない人はいないでしょう。
久留米人なら「月星やろうが!」の声もごもっともですが、なんとASAHIシューズこと株式会社 アサヒコーポレーションは本社は久留米市洗町一番地、創業1892年の超老舗なのです!!

そんなASAHIシューズが大体半年に1度行っている、その名も「アサヒ靴ファミリーセール」に朝ごはんもそこそこに、いそいそお安い靴を求めて行ってきました。

アサヒシューズの倉庫は旗崎信号を北野方面に行き高速の高架橋をくぐり、
真っ直ぐ200mほど行って左折した所なのですが、そこは地元民、逆から回っていきます。


大きな地図で見る

カーナビが少々あいまいに道を教えるので「???」となりながら、進むと(しつこいですが地元民です)何という事でしょう!(某劇的リフォーム番組風で)


素敵なファッションホテルがズラズラと並んでおりました。
いや並んでいるというより威圧せんばかりのアピールで、「ただ今サービスタイム○○○円」とあり、個人的朝のさわやかさがぶっ飛んでしまい妙にそわそわとなって、道があっているのか若干不安になってきたところ、[ASAHI]のノボリとキャップを被ったおじさんが私を手招き。

先ほどのそわそわを引きずる私は催眠術にかかったようにおじさんのクルクル回す腕に、自動的に促されて進んでしまう…。
すると次々現れるおじさん(以下ASAHI道案内職人)が何人も現れ、一つ角を曲がるたびにASAHI道案内職人はクルクル腕を回し、私をとてもスムーズにその場所にいざなってくれました。
最初はこんなに一つ角毎に人を置くなんて、贅沢な人員配備だな…と思ったのですが、いざ目的地に着くと、なるほど、西は高速道路沿い、前はなんかの会社っぽい建物、後ろも大きい建物と、ぐるり囲まれていて、一度迷うとドツボにハマりそうな場所でした。
迷う方がでて、その対応にあたるより、潤沢に人を置いて不安要素を無くした結果、逆に様々なコストやリスクを回避するなんて、すごいぞASAHI!!!
ASAHIに着いて車を降りてみると、車も人もそこそこしかいませんでした。

2012.3.19 アサヒシューズファミリーセール 1

朝早すぎたかな? まばらはまばらな集客率

「??二日間日程だから、そんなに人はいないのかな?」と思ってこれまた地味な(倉庫だから当たり前)入り口という名のトンネルを抜けると、そこは不思議の町でした。

2012.3.19 アサヒシューズファミリーセール 2

ふつーの倉庫です。でもみんなスルスルと吸い込まれて行っています。

 


 

結構大な倉庫なので、ブルーシートで壁をつくり強制一方通行の道が作られていました。
その道に、そって右にまがると。

靴のセールのはずが、いきなりロール状の布地ががっぱり山盛りに売ってありました。

2012.3.19 アサヒシューズファミリーセール 3

大体全体としては こんな感じでした。

「靴じゃないじゃん!!」と、なんだか知人の家に行ったら、玄関先になぜかジャーキー的な熊の手があった時のようなショックを受けた。
しかも魚市場顔負けの元気な呼び込み付きなんて!!

あまりの意外ぶりに驚きつつロールをみると、布地にまざり、フェイクファーだの人工皮だのがあるではありませんか!! (某劇的リフォーム番組風@2回目)
うぅーん、普段なかなか手に入らない布地が結構あったので、これを目当てに来る人も確実にいるな…と感心しつつ、さらに奥に進む。

布ゾーンを抜けていくとぶち抜き倉庫の中で靴くつクツがありましたー!

こっちも元気なASAHI職人(何の職人かは不明だけど、たぶん営業さん?)が元気にあいさつしてくださり、とっても気持ちよく入れました。

500円から3000円の商品がずらりお目見え。
特に、ファミリーセールらしくゆったり車が4~5台は並べられるスペースに2列で並ぶ3足千円の上履きに大慌てで2人の小学生の子供を持つ姉に速攻電話をする興奮小娘。
異常な数の上履きを前に興奮を隠すことなく姉に伝えると「あ、上履きこの前2足づつ買ったわ~…」とオメー情報遅いんだよというプレッシャーを頂いて上履きゾーンは終了。

次にとりあえずまっすぐ進むと、これまた大型トラックがゆうゆう入るスペースに山盛りの地下足袋コーナーと会計コーナーがありました。

おっと、行き過ぎた…と思い、ふりかえると、今まで靴にばかり目がいって気づきませんでしたが、ふと、気づけば結構な人がいました。
車はそこまであるわけではないのに、どこから集まったの?まさか歩き?
しかも、なんだか男性が多くないか?とさらに気づきキョロキョロと人間ウォッチ開始。

あれ?普通のバーゲンやセールって男性女性クッキリ買い物ゾーンが分かれるのが普通と思うけど、このセールでは男女比率半々で買い物しているよね。

それも、たぶん家族なのか、協力し合いお互い自分のお宝を見つけてはその履き心地の評価を聞いたり、デザインを相談しあったり、荷物キープ係と買い物係に役割分担していたりと、とても仲がいいというか、一致団結チーム戦の様相でお目当てをゲットする姿に、ほほえましさと同時に絶対毎回来てるレギュラー陣だな…と妙に納得しました。
そうか、車の少なさは家族ぐるみで来てたのか…、

うーん、こりゃ負けられないと私も物色開始。

やはりセールなので大人の普段履き靴の種類そのものはあまりなかったのですが、その分、滅多に手が出ない履き心地重視のブーツやご年配の方向け(?)のおしゃれと健康の両方を兼ね備える事をテーマにしただろう靴などが2000円から3000円でザックザック。

種類の少なさをカバーするカラーとサイズの豊富さと、高級中仕様のブーツを見つけたのですが、細長で薄っぺら足の私でも気持ち良く履けたので、でブーツをゲット。

さらにこの半年で8キロデブになっていて運動を考えていたので、思い切って子供用運動靴をこれまた1000円でゲット。
いや…、大人の靴ひも運動靴より、ゴムとマジックテープの子供運動靴のほうが断然運動しやすいのですよ。
ええ、うん、小学女子に混ざって三十路女がフィッティグする様は少々イタイですが、デブのままの方がもっとイタイので、頑張って吟味してレモン色にしました。
メインカラーが黒や白でも子供向けなのでポイントや紐が目がパチパチする原色なのでレモン色とかのほうが、逆に落ち着いて見えるから不思議です。

最後に一緒に来ていたオットー氏がすすす…と3000円のやわらかーい皮の、明らかに上等品とわかるアダルト向けの靴を地味に出してきました。
少々対象年齢が上のデザインとはいえ、いかんせんオットー氏も特殊形状の足の持ち主の為、ここで購入しないと後が無い・履き心地は最高・安いの3拍子により、こちらも購入いたしました。

2012.3.19 アサヒシューズファミリーセール 4

帰りはスロープです

3足合計6000円した☆車に戻って
ホクホクでふと時計をみると2時間経過してました。
あっという間でしたが、普段見れないところが見れて、靴も買えていう事無しの2時間でした。
半期に一度、セールで品数少ないを差し引いても一見の価値あるイベントでした。

今回昨年に行ったイベントのレポートでしたが、次は5月に行われます。

そう…もうすぐなのです!!

4月のおニュー靴シーズンの後でのファミリーセール…

正直「期待大!!」ですばい!!

みなさんもぜひどうぞ!!

この記事をかいたひと

sakurai sakurai

お安く楽しく元気よくをモットーに日々 過ごしております。 二十歳過ぎたら自動的に「おとな」になれると 信じていました。 そんな「大人13歳」です。

関連記事とつぶやき

関連する記事はありません。

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。