RSS

武装走見学にゆる萌えを見た

ふりしきる雨という絶好のコンディションの中、幹部候補生学校の武装総見学では実に様々なものを見ることができました。

熱い漢の走りに涙

現物という貴重な資料に釘付け

よくみるとスケールが統一されてない模型

広大な食堂で超カロリー献立に驚愕

食堂入口に何故かコンバット・レーション(野戦食)の展示

改めて、なかなか興味深いところですね。
ちびっ子の頃には毎週末にここにきて、お昼のいい匂いに誘惑されながら歩幅訓練のマーカーを踏みつつ家路についたあの頃を思い出したりなんかしちゃって、ちょっとおセンチな DiceK でありました。

… 苦手な豆乳でノック・アウトされてたのは秘密です。

なんて罰ゲームだっ?!

 


 

そうそう、幹部候補生学校では、敷地から高良大社への登山走という距離 5.6km ( 標高差 156m )の競争も行われているそうですが、そこに昔に打ち立てられたまま未だに破られない 18 分 9 秒の記録があるそうです。そのタイトルホルダーは円谷幸吉さんという、東京オリンピックの銅メダリストだそうです。

「この記録は誰にも破れないでしょうね」

そうおっしゃっていた広報の方のつぶやきが印象的でした。

デジスパの赤い金星がやってくれますよ。
きっと、たぶん。

そんなつぶやきを耳に残しつつ PX ( 基地内売店 ) へと向かいます。

そう、ここからはサブミッション。
以前に情報は掴んでいたのですけど、第4特科連隊に突撃したところ「面会とかちゃんとした理由がなきゃだめよ」と門前払いを食らった「アレ」を確かめ確保するべくゴーなのです !!

朝まではこっちがメインミッションだったんですけどね。
武装走を見たらすっかり逆転してました。

敷地には装備が飾られています。
さすがに動態保存ではないですけど。

75式155mm自走榴弾砲

日本に3台しかない90式の試作車のひとつ

偵察機みたいなのが無くなっていたかも。
配置はだいぶ変わったようですが、74式もちゃんと残ってました。
操縦席は子供ながらも狭くて入りづらい印象がありましたね。
いまでも入れるんでしょうか ?

 


 

PX に入ると、なぜかおねーさんたちが休憩中。
太陽光発電の売り込みでした … 暇そう。
写真撮るのもなんだったので、そのままスルーして奥へ。

おお、これは期待できそうな雰囲気。
普段、我々には関係ないものが多いですね !

しかしこれ、自腹で買うんですかね ?
装備として支給されてもよさそうですが。

ご家庭の小銃にもお使いいだけますがロケットランチャーはご遠慮ください

銃剣は用法をお間違えのないよう、お子様の手の届かない場所に留め置いてください

銃腔照射器は主婦の友、マツイ棒とあわせてどうぞ。

ジャム防止、バースト時も安心、頑固な汚れにこれ一本

なんだかワクワクしてきたぞ。
でも、これじゃないんです。

目移りしつつ物色する我々がみつけたものは …

剛健河童

剛健煎餅

んちゃ ! カッパにせんべい、だと … ?!

そういや、資料館に「剛健太郎」なるキャラクターがいましたっけ。

意外と普通な剛健太郎さん

幹部候補生学校のキーワードは「剛健」ですか。

カッパは月曜担当の桜井さんが喜びそうですね。
なんか、こう、セサミストリートのカーミットっぽい感じ。

いやしかし、コレジャナイ。
コレジャナイロボ的に。

剛健キューピー

なにィ !? ( 車田正美 風 ) 剛健キューピー、だと … ?!

あの鳥栖工場でヌード撮影させてくれた工場作業員さんが何故ココに ?

メガネ萌えのツボを突くなど確信犯的な説明つき

いや、でも、これでもない。
可愛いけど !! かなり欲しいけど !!!

ちとばかし、クラクラしてきました。
目的を見失いそうです。
ほ、ほかには … ?

意表をついて萌えキャラ登場

わはー ! 自衛官三姉妹、だと … ?!

しかも弾数 ( 在庫 ) いっぱいだよ !
弾幕なら東方だよ !

よし、どれを買おうか ( 陥落 ) 。
それとも全部買っちゃう ?
とよろける私の横で、神が微笑みました。

 

「お探しの品はこちらではないですか ? 」

 

「はい、そうです」

 

お目当ての品

噂通り、熊本からヤツが来てましたよ !
はね丸くんを飛び越えて、いまや筑後をセッケンしてるアイツです。

明細がくまモン柄というぷりちー加減

 
チーン
 

お会計のレジ音がこだまします。

 

こちらスネイク。
予算は使いきった。
ミッション・コンプリートだ !

 

三姉妹の誘惑は振り切って、これも買いました。

缶には「心の故郷 前川原」と書かれてます。wikipediaには前川原(まえがわら)と説明されてますが、上河原で「かみごうら」、下河原で「しもごうら」と読む地元の呼称からすると、「まえごうら」だと思うのです。気が向いたら真相に迫ってみます。

乾パンかと思ったらe-パンという非常食でした。
防災用にとっておこうと思います。

塩っ気は足りてるのかな ? これ。
「塩が足りないと戦争には勝てない」と僕らはガンダムで習いました。
ありがとう、タムラ料理長。

 

晴れやかな顔で幹部候補生学校を後にした時。
空もすっかり雨が上がっておりましたとさ。

お疲れ様でした !

隊長ッ !! 走っても、走っても、疲れません !!

参考 : 武装走見学に漢を見た

この記事をかいたひと

「オラは来ちまっただー」と帰ってきた酔っぱらい...ではなく久留米人。 ほとんど記憶の無い「アウェイな地元」のギャップにTKOされた後、復活のリングにかけろとばかりに高良山の山頂で待つアイツ(誰?)を倒すために、道中で待ち構えているはずの強敵達を探している。 あ、世代がバレますね。

関連記事とつぶやき

関連する記事はありません。

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。